自転車に乗ったイラストレーターIN仙台

YOKOME_KANSEI_20110513170207.jpg
 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
18
 
突然やって来た寒波に腰が引けて、水、木曜日と自転車通勤をお休みしました。仙台の冬など恐るるに足らん、みたいな事を言っておいて、なんとも不甲斐ないありさまです。

ただ、少しだけ言い訳させてもらうと、二日続けて自転車を仕事場において帰った訳は、寒さのせいだけじゃないんです。

僕は実家の一室を仕事場にしております。中学生の頃から結婚するまで住んでいた家で、今でも年老いた両親が暮らしています。歳はとっても親は親で子供は子供です。30年前と変わらず親は息子の世話をやき、息子は親の心配を煩がります。
水曜日の夕方もそうでした。仕事を終えて自転車で帰ろうとする僕に、母が「雪が降ってるけど大丈夫」と言いました。「もう止んだから平気だよ」と応えると、今度は父が「道路が凍結してるから危ないぞ」と追い討ちを掛けてきました。二人の顔を覗き込むと、どちらも「電車で帰りなさい」って目をしていました。また心配性のムシが騒ぎ出したと思ったものの、年寄りに余計な気苦労も掛けたくないので、渋々ですが、電車で帰ることにしました。

家に帰れば、今度は僕が子供達の父親です。
不思議なもので、昼間実家で親に冷たい態度をとると、帰宅後、子供達に同様に冷たくされます。それがムカついて、つい、あーしろ、こーしろと口煩くなってしまうんです。
その晩も中学生の息子に言い過ぎてしまいました。険悪なムードは翌朝まで続き、息子は無言で学校に出掛けて行きました。その後、クルマで地下鉄の駅まで送ってもらっている時、奥さんから「自分が親にされて嫌だった事を子供にするんじゃないのっ」と言われてしまいました。子供の事が心配なのは紛れも無い事実ですが、心配して気を揉んでいる自分が嫌で、なんとかしようとして口煩くなっていたのも確かです。子供の方もそれに気づいていて、さらに反抗的な態度をとっていたのではないでしょうか。

その日の夕方、つまり木曜日の夕方も、前日同様にかなり冷え込んでいました。案の定両親は「今日も自転車を置いて、電車で帰った方がいいよ」と言ってきました。ただ、ちょっとだけ前日と違うのは、渋々ではなく、「あぁ、そうするよと」素直に親の意見に従った事です。

帰宅後は、前日の事について息子に何も言ったり、聞いたりせずに、彼の好きなバスケットの話をしました。

「子を持って知る親のありがたみ」とは、ちょっと違う気もしますが、どちらの立場にもなれる事で、親とも子供とも上手くやっていく術を見つけられそうな気がします。

↓お気に召しましたら、クリックしてね

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

2010.12.18 Sat 23:53  |  

こんばんは!
奥様の一言は、私にとっても痛いところを突かれた内容です。(汗)
なかなか私も素直になれず、モヤモヤする機会が多いのですが、
子供の気持ち、親の気持ちを両方考えられるのはこの時期
だけだと妙に納得してしまいました。
明日は少し優しい気持ちで接する事にしてみます。(笑)

2010.12.19 Sun 13:54  |  

こんにちわ
天気がよく暖かいですね。

さて、僕もアラフォーですが、実家に行けば、いつまでも子供扱いですね。
娘の前でも子供もころからの呼び名で呼ばれるので、恥ずかしいやら・・・

親にしてみれば、いつまでも息子なので仕方がないかな。

さて、今から自転車掃除です。
ではまた。

  • #-
  • たーちゃん
  • URL

2010.12.20 Mon 00:44  |  kanokaさまへ

親と子供の関係は背の高さと同じ様な気がします。
子供が小さい時は親が上から見守る感じですが。次第に目線が同じになり、やがて逆転する。
でも気持ちの方は、いつまで経っても親は親だし、子供は子供なので、その変化に戸惑って、イライラしたりするんでしょうね。

  • #-
  • きょん
  • URL

2010.12.20 Mon 00:58  |  たーちゃんさまへ

愛車のお掃除、ご苦労様です!

僕もいまだに親から「○○ちゃん」と呼ばれております。(苦笑)
一応、親も気を遣って、孫がいる時には「パパ」とか「お父さん」とか呼ぶように務めているようですが、
親子だけになると、当たり前の様に「○○ちゃん」に戻ってしまいます。
僕もこっちの呼ばれ方のほうがしっくりきたりして・・・
もう一生、このままなんでしょうね。

  • #-
  • きょん
  • URL






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://row783.blog120.fc2.com/tb.php/290-17a0aa7c
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

KYON(きくちろう)

Author:KYON(きくちろう)
性別 男性
年齢 50歳
出没範囲 仙台市近辺

仙台市を南から北まで片道約19キロの道のりを古いMTBで通勤しているフリーのイラストレーターです。2008年6月からはロードバイクにも手を出しちゃって、ますます自転車にはまっております。

♡♦♡♦♡♦♡♦♡♦♡♦♡♦

仕事や家族、そして大好きな自転車のことなどを書き留めております。よろしかったらお気軽にコメントして下さい。

♡♦♡♦♡♦♡♦♡♦♡♦♡♦

また、お仕事等のお問い合わせはメールフォームにどうぞ!
お待ちしております。

♡♦♡♦♡♦♡♦♡♦♡♦♡♦

当ブログに掲載している全ての画像の無断転載、転用は固くお断りしておりますので、ご了承願います。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright © KYON(きくちろう) / Designed by Paroday
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。