自転車に乗ったイラストレーターIN仙台

YOKOME_KANSEI_20110513170207.jpg
 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
09
 
先日の日曜日のお話です。

午前中、名取スポーツパークに登りました。丘の斜面に野球場やテニスコートなどが集まった公園です。

IMG_0203.jpg

で、その帰り、ビビリながら坂を下っていたら、突然、後輪から“パーン”という音がしました。慌ててブレーキを掛けて減速したのですが、動転していたのか、久しぶりに立ちゴケしてしまいました。
幸い、後ろからクルマが来ていなかったので、大事には至らなかったものの、左側のシフターに軽く傷がついてしまいました。

・・・余談ですが、こういう時って、転び方の程度にもよりますが、自分の傷よりも、まず自転車の傷を確認してしまうものですね。・・・

スペースのある所まで押して下り、チューブを取り出してみると、10cmくらいでしょうか、カッターで切ったように綺麗に裂けておりました。

IMG_0211.jpg

タイヤを交換した時に挟んでしまったのでしょうか?下りのカーブで自転車を傾けた際に、耐えきれなくなって破裂してしまったのかもしれません。それとも単に僕が重かっただけ・・・
原因はどうであれ、このままでは乗れません。替えのチューブを取り出し、今度は噛まないように十分注意してセットしました。

当然この後、空気を入れるのですが、実はこの段階が一番のドキドキでした。1年以上前に買ったきり、出番のないままでいたCO2ボンベを初めて使う日がやってきたのです。
どんな物でも初めて使用する時は多少なりとも緊張するものです。恐る恐るボンベにアダプターを差し込んで、慎重にキャップを回してみました。すると一瞬シューッと酸素が出て、タイヤが膨らみかけたものの、すぐに噴射の勢いが無くなって、うんともすんともいわなくなりました。もう1本ボンベがあったので、同様に試したみたら、やっぱり同じ結果。使い方が悪かったのか、はたまた不良品だったのか、2本のボンベは1年持ち歩いた末、何の役にも立たないまま、空しく空っぽになってしまいました。
CO2ボンベがダメなら携帯ポンプがあるじゃないか、といきたいところですが、我が携帯ポンプは全長29cmもある大物で、ロードバイクで出掛ける際はかさばるから持ち歩いておりません。(だからCO2ボンベを買ったのですが・・・)
結局、タイヤが膨らまないままのホイールをはめ、空のボンベ(しかも2本)と裂けたチューブをサドルバッグに押し込んで、そこから数kmトボトボと自転車を押して帰りました。

名取スポーツパークは、よく自転車乗りが登りの練習をしているそうなので、携帯ポンプを携帯した自転車が走って来ないかなぁと期待して歩いたのですが、こんな時に限って1台も来ません。静かな山道にカチャカチャとクリートの音だけが響きます。だんだん暗?い気持ちになってきて、チューブがバーストしたのは仕方がなかったとしても立ちゴケは無かったよなぁ・・・なんて反省モードに突入してしまいました。
しかし、山道を終え、新興住宅地の広い道に出たあたりで、“もしかしたらラッキーだったかも!”と思い直したんです。だって、この前タイヤをはめたのは「秋の100kmライド」の前日、台風情報を気に掛けながらおNEWのタイヤに交換した時です。本当にその際にチューブを挟んでしまったのなら、翌日の100kmライドの最中にチューブが破裂してもおかしくなかったはずです。その日は念のために携帯ポンプを持って行ったものの、あの雨の中での修理はさぞや辛かった事でしょう。もしかしたら作業に手間取って時間内に走れなかったかもしれません。(そこまではないかな・・・)
そう考えると、まだ歩いて帰れる距離で起きて助かったのかもしれません。それにいろいろ反省点もみつかったし・・・

なんか、ツイないようなツイてるような日曜日のライド(半分近く歩き)でした。

↓お気に召しましたら、クリックしてね

にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村 イラストブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

2010.11.09 Tue 18:04  |  ラッキーだと思いましょう

きょんさん こんばんは。
先日の日曜日、私もロードで走ってました。
いつもなら、名スパ下の道路を阿武隈川サイクリングロードに向かって走りますが今回は別コースでした。

お助けできればよかったですね・・・

でも、今回はラッキーだったのではないでしょうか?
100kmライドの時だったら、体力的にも精神的にも参ってしまいます。
ポジティブシンキングで行きましょう。
自分は、秋の100kmライドのコースを走ってみたのですが、帰ってきたら、満潮でサイクルスポーツセンターのところが水没しており、海の中を走りました(-_-)。

さて、タイヤを組むとき、チューブに少し空気を入れるとかまないで組めますよ。
やってみてください。

2010.11.09 Tue 20:07  |  

私も今以上の初心者の頃に、パンクした自転車を押して10km歩いたことが有ります。
お陰でパンク修理は得意になったし、その後の経験もあって小型インフレーターは必携です。
(MTB用とロード用の2種類買いました)

  • #-
  • gypsy-joe
  • URL

2010.11.09 Tue 22:26  |  

ゆっくりバイクを押して歩いたのはとても良かったのでは?
私も複数のパンクを想定して、修理キット&換えチューブで
携帯ポンプ常備です!
しかし・・・・・未だパンク経験無し!(ラッキーな一年)
きょんさんがおっしゃる様に、100kmライドの無事完成を
ラッキーと考えましょう!
(立ちゴケも怪我無くてラッキー!ですよ)

2010.11.09 Tue 23:49  |  ayaTouchさまへ

100kmライドのコースを試走されましたか。来年はご一緒出来るかもしれませんね。

僕もナスパの前の道を通って阿武隈川CRに出て、角田、丸森方面を走ることがあります。個人的には100kmライドのコースよりこっちの方が好きです。

チューブに少し空気を入れる方法、今度試してみますね。

  • #-
  • きょん
  • URL

2010.11.10 Wed 00:01  |  gypsy-joeさまへ

10kmも歩かれましたか。
やはり、多少痛い想いをしないと技術は身に付かないのですかね。

ところで、MTB用とロード用で携帯ポンプを使い分けていらっしゃるのですか?勉強不足なもので、仕様の違いが分かりません。機会があったら教えて下さいね。

  • #-
  • きょん
  • URL

2010.11.10 Wed 00:14  |  kanokaさまへ

パンク経験無しですか。運がいいのか、路面を良く見て走ってらっしゃるのですね。
当方もロードで、出先でのパンクは初めてでした。(通勤途中のパンクは何度もありますが・・・)

自転車を押して歩いていると色々な事を考えますね。度々は嫌ですが、たまにはいいかもなんて思ったりもしました。

  • #-
  • きょん
  • URL

2010.11.10 Wed 08:40  |  

災難でしたね。

よくあるパターンだとヒルクライムの後はダウンヒルになりますよね?その時に怖がってブレーキを頻繁に使うと、リムが加熱してチューブ内の気圧が上がりバースというケースがあります。
なので、レース後の下山時は空気を1~1.5気圧ほど抜くのが基本になってます。

だだ今回のはそんなに強烈なダウンヒルだったのでしょか?
チューブの状態をみるとタイヤに挟まった訳ではないようですね?挟まってのバースなら、星型に破裂してる筈ですよ。

CO2の件は残念でしたね!私は過去に6本ほど使ってますが一度もそのような経験はありませんでした。
ボンベの性能が下がる冬場でも7気圧くらいまでははいりましたけど。
なぜでしょうかね?

ともかく、お怪我が無いのはよかったですね。

  • #-
  • チャンプ
  • URL

2010.11.10 Wed 09:11  |  

半永久的にもつと思ってましたが、CO2ボンベが1年だ駄目になるとは^^;
実はパンク修理した時、携帯空気入れでの作業があまりにも大変すぎるとCO2導入を検討してました。が、導入しても使わずに終わってしまいそう。
再考の余地ありですね。

  • #-
  • まるお
  • URL

2010.11.10 Wed 09:44  |  チャンプさまへ

なるほど!
強烈じゃない下りなのに、僕がビビりまくって、ブレーキを掛け続けたから、こうなってしまったのですね。
一つ勉強になりました。

  • #-
  • きょん
  • URL

2010.11.10 Wed 09:54  |  まるおさまへ

CO2ボンベは、僕の使い方が間違っていたのかもしれませんので、あくまで参考までに留めておいてくださいね。
何度使っても失敗した事が無い方もいらっしゃるようだし、雑誌などで、女性でも簡単に入れられると紹介されていますしね・・・
でも、出来るなら気圧計の付いた携帯ポンプとCO2ボンベを両方持ち歩くのがベストのようですよ。
何より、パンクしないのが一番いいんですけどね。(笑)

  • #-
  • きょん
  • URL






(編集・削除用)


管理者にだけ表示を許可

Trackback

URL
http://row783.blog120.fc2.com/tb.php/282-ceca165c
この記事にトラックバック(FC2Blog User)

プロフィール

KYON(きくちろう)

Author:KYON(きくちろう)
性別 男性
年齢 50歳
出没範囲 仙台市近辺

仙台市を南から北まで片道約19キロの道のりを古いMTBで通勤しているフリーのイラストレーターです。2008年6月からはロードバイクにも手を出しちゃって、ますます自転車にはまっております。

♡♦♡♦♡♦♡♦♡♦♡♦♡♦

仕事や家族、そして大好きな自転車のことなどを書き留めております。よろしかったらお気軽にコメントして下さい。

♡♦♡♦♡♦♡♦♡♦♡♦♡♦

また、お仕事等のお問い合わせはメールフォームにどうぞ!
お待ちしております。

♡♦♡♦♡♦♡♦♡♦♡♦♡♦

当ブログに掲載している全ての画像の無断転載、転用は固くお断りしておりますので、ご了承願います。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright © KYON(きくちろう) / Designed by Paroday
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。