自転車に乗ったイラストレーターIN仙台

YOKOME_KANSEI_20110513170207.jpg
 
--
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
30
 
 昨日は朝から雨が降っていたので自転車通勤はお休みして、地下鉄で仕事場まで来ました。これから梅雨の季節がやって来たら、こういう日が増えるんでしょうね・・・ちょっと憂鬱。

 さて、前々回から続く“メモリアル・サイクリング”の3回目です。MTBのアロー号との思い出を噛み締めるために出掛けたはずなのに、思いを馳せるのは、まもなくやって来るロードバイクのことばかり。これではいかんと、午後はアロー号との思い出の場所を訪ねてみることにしました。
 
 午前とは反対に、広瀬川の北側の河川敷を仙台市中心部から下流に向かって走ります。国道4号線に架かる千代大橋の下をくぐると見えてくるのが目的の「広瀬川水道管橋」です。

080524_1343~001

 その名の通り広瀬川に架かる水道管の橋なんですが、水道管の上には人がすれ違える位の幅の通路があって、自転車で渡ることも可能です。

080524_1335~001
 
 何故この橋がアロー号との思い出の場所かというと・・・実は僕、高所恐怖症なんです。お医者さんから「あなたは高所恐怖症ですヨ。」と言われたわけではないのですが、周りの人より高い所が恐いから、きっとそうなんでしょう。そして、これが自転車通勤の大きな障害になっていたんです。詳しくは、コチラを参照して下さい。で、高所恐怖症を克服する手段として思いついたのが、この広瀬川水道管橋だったんです。この橋を渡り切れば、大抵の橋は恐くなくなると思ったんです。

 この橋を渡るには、ちょっと勇気が必要だということは、以前からネット等で知っていました。だって、こんな急な階段を登って、こんな急な階段を下りるんだもん。しかも、自転車をかついでです。

080524_1334~001~2


 僕はそれだけで足がすくんでしまいます。実際、階段の前まで来て上に登れずに、おめおえと引き返したこともありました。何度目かの挑戦でやっと渡れた時は、とても嬉しかったです。しかし、そのあと思いもかけない展開が待っていました。ブレザーを来た男子高校生がママチャリをかついで階段を登って来て、結構なスピードで橋を渡って行ったんです。きっと周辺の人たちにとっては通勤通学の途中の単なる橋に過ぎないんでしょうね。それでも僕にとっては、40を過ぎて久々に達成感が味わえた思い出深い橋として、心に残っています。もちろん今回のサイクリングでも、それを噛み締めながら渡りました。やっとアロー号との思い出に浸ることが出来たんです。

 ちなみに、僕の高所恐怖症は広瀬川水道管橋を渡ったぐらいで克服されず、いまだに橋は苦手です。ロードバイクに乗って渡ったら、きっと、もっと恐いんだろうなぁ・・・

 メモリアル・サイクリングがこの後どうなったかは、また今度書きます。

スポンサーサイト
 
28
 
 前回の記事の続きです。
 
 注文したロードバイクが納車される前に、長年苦楽を共にしたMTBのアロー号との思い出にドップり浸ってみようと“メモリアル・サイクリング”を敢行したのは先週の土曜日のことでした。
 
 休日は、ぼんやりしていると、どんどん時間が過ぎていくもので、その日も出発したのは11時過ぎ。思い出をたどるために、アロー号で一番多く走ったコースを走ろうかと思いましたが、そうすると必然的に自転車通勤のコースになってしまい、あまりにも味気ないサイクリングになりそうなので、通勤コース以外に走る機会が多かった名取川の河川敷を走ってみることにしました。

 いつも通勤で通る太白大橋を渡り、名取川の北側の河川敷に入りると、こんな感じの道がしばらく続きます。 

080518_1306~001

 ウ?ン、ロードバイクのいい練習コースになりそうだな。

 MTBアロー号との思い出に浸るためのサイクリングなのに、ついついロードバイクのことばかり考えてしまいます。まぁ、新しい恋人が出来たら、そっちに夢中になってしまうのは仕方がないことかもしれませんね・・・・・あくまで一般論ですが。

 話を元に戻します。

 名取川の河川敷のうち南側は海まで出られるのですが、今回走った北側は途中で合流してくる広瀬川に沿って仙台市内中心部に戻ります。一般道に戻ったところでおなかがすいたので、昼食を摂ることにしました。通勤コース上にあるラーメン屋さん。以前に一度だけ入ったことがあって、その時に食べた醤油ラーメンがとても美味しかったお店です。次は、もう一つの看板メニューらしいタンメンを食べてみようと思っていました。

080524_1253~001

 これが、そのタンメン。塩バター味でとても美味しかったです。今度行った時は、醤油ラーメンしようかタンメンしようか迷ってしまいそうです。

 おなかも満足して、さあ、午後の行程のスタートだ!というところですが・・・スミマセン、つづきはまた今度書きます。



自転車通勤の記録

2008年5月28日(水)往路
走行距離 17..55km
走行時間 54分19秒
平均速度 19.4km
最高速度 35.9km

2008年5月28日(水)復路
走行距離 17.41km
走行時間 58分30秒
平均速度 17.8km
最高速度 33.3km

 
26
 
 先日、部屋を片付けてたら、今乗っている自転車の防犯登録証が出てきました。登録日は1999年3月10日。たしか自転車を買った際に一緒に登録したから、もう9年も経つのかと、改めて付き合いの長さを実感しました。

080518_1327~001

 GTのアローヘッド。買ったばかりの頃は嬉しかったなぁ・・・。その前に乗っていたMTBルック車にはクイックリリースがついてなかったので、意味もなくホイールをはずしたりして、本物のマウンテンバイクだぁ・・・と一人で悦に入ってたものです。もはや、その頃のままのパーツはフレームとリアディレーラーのみとなりましたが、彼(彼女?)に注ぐ愛情は、あの頃と少しも変わってはいません。

 と言ったものの、二人の中が疎遠になったこともありました。様々な事情が重なり自転車に対する熱が冷めてしまい。アロー号をベランダに置いたまま、雨ざらしにした時期もあったのです。その時の痛みは錆びとなって、今でも彼(彼女?)の身体に傷を残しています。

 そんな薄情な僕をアロー号は一言も文句を言わずに受け入れてくれます。標準体重をはるかに超える僕を乗せて北に南に走ってくれるのです。昨年秋に自転車通勤を再開してからは、その活躍はいっそう目覚ましく、週末のロングランも含め月500kmは一緒に汗を流しています。まさにアロー号が僕に自転車の楽しさを教えてくれたと言っても過言ではないでしょう。

 しかし、運命とは皮肉なもので、アロー号が頑張ってくれればくれるほど、僕は新しい恋人に恋いこがれるようになっていったのです。察しの良い方ならもうおわかりでしょう、そう、新しい自転車が欲しくなってしまったのです。しかもロードバイクです。・・・・っていうか、実は、もう注文しちゃてて、今月末に納車予定なんですよ。

 ロードが来ても通勤はMTBでするつもりですが、週末のサイクリングは、おそらくロードonlyになるでしょう。アロー号と休日のお散歩を楽しめるのも、あと残りわずかです。というわけで、一昨日の土曜日、メモリアル・サイクリングと銘打って、アロー号と走ってきました。その御報告は、明日か明後日か・・・近日中には書きたいと思います。

自転車通勤の記録

2008年5月26日(月)往路
走行距離 18.66km
走行時間 1時間2分37秒
平均速度 17.9km
最高速度 33.0km

 
23
 
 昨日の朝は、自転車で学校に行くという息子にヘルメットを貸したため、普通のキャップをかぶって出勤しました。ヘルメットをかぶらずに自転車通勤するのは久しぶりです。通勤コースの大部分は車道を走るのですが、やはりノーヘルだと、ちょっと怖いですね。路駐している自動車を追い越す際も、普段ならセンターラインの方に寄って通り過ぎますが、昨日は段差を越えて歩道に避難しました。追い越した後、様子を見て車道に戻ったのですが、これがけっこう疲れるんですよね。それでもコース前半は路肩が広かったり、広い歩道に自転車レーンがあったりして、さほどストレスは感じません。しかし、仙台駅に近づくにつれて路駐が増え、歩道も歩行者でいっぱいになってきたので、急遽コースを変更して、駅東口から商店街の裏道や抜け道、住宅街の路地をつないで、仕事場までゆっくり走りました。

こんな道です。
080522_0922~001


 久々にヘルメットをかぶらずに自転車通勤をして感じたことですが、ヘルメットは頭を守ってくれるだけではなく、気持ちよ?く自転車に乗るために必要不可欠な物なんですね。近いうちに息子にも買ってあげようと思いました。

自転車通勤の記録

2008年5月22日(木)往路
走行距離 18.05km
走行時間 59分15秒
平均速度 18.3km
最高速度 35.5km

 
19
 
 自転車通勤の途中で、ある中学校の前を通ります。その道は比較的新しくできた道で、植え込みがある広い歩道の所々にベンチが設置されています。暖かくなってきた頃から、その中の一つにおじいさんが二人並んで座っているのを見かけるようになりました。
 
 二人のおじいさんは、小さなベンチの両端に離れて座り、会話をするわけでもなく、ただ校舎の方を見ています。僕は二人の前を一瞬通り過ぎるだけですが、何度も見かけるたびに、二人は幼なじみで、この中学の卒業生なのではないかと思えてきました。二人のおじいさんは何十年も昔と同じように、毎朝この学校に通って来て、このベンチに座り、授業を受けている。だから、二人の座る席はいつも決まっているし、授業中なのでおしゃべりもしないんです。

 ・・・まぁ、全ては僕の勝手な想像なんで、その中学校がそんなに昔からあったかどうかは分かりませんし、二人は知り合いでさえないのかもしれません。でも、そのベンチに二人のおじいさんが座っていることは現実で、いつも僕は授業の邪魔にならないように、スピードを落として、その前を通り過ぎます。

自転車通勤の記録

2008年5月19日(月)往路
走行距離 18.81km
走行時間 58分44秒
平均速度 19.2km
最高速度 32.4km

2008年5月19日(月)復路
走行距離 17.83km
走行時間 1時間2分26秒
平均速度 17.1km
最高速度 31.4km
 
 
14
 
 昨日は雨のため自転車通勤はお休み。

 でも本当の理由は、なんだか疲れたから。べつに身体の調子が悪いとか、前夜にアルコールが過ぎたからというわけじゃない。ただ、時々やって来る怠け虫が顔を出しただけ。朝目覚めたら、起きたくないよー、仕事に行きたくないよー、玄関から自転車を出すのめんどくさいよー、そんな日があるでしょ。

 そんなときは、自転車通勤はお休みにします。頑張るのはいいけど無理をするのは良くない。楽しみで始めたことが義務になったらイヤでしょ。“疲れたら休む”自転車通勤を長続きさせるコツの一つじゃないかな。それに今日は雨が降ってるという正当な理由もあるしね。

 自転車通勤は休んでも仕事は休むわけにはいかない。奥さんに車で地下鉄の駅まで送ってもらい、久々の電車通勤。向かいの人と目が合うのがイヤで寝たふりしてたらホントに寝ちゃった。気付けばもう降りる駅、慌てて降りて外に出たら雨はすっかりあがってた。

 なんだぁ、これだっから自転車通勤できたじゃん。いつのまにか怠け虫は退散し、また自転車に乗りたくなっておりました。・・・メデタシ、メデタシ。

 
12
 
 仕事場の裏庭に咲いていた牡丹をもらってきて、自宅のリビングに飾りました。もちろん、僕がじゃなくて奥さんがです。

080512_0836~001


 切り落とされる花を見ていた僕が「なんだか可哀想だな」とつぶやくと奥さんは「ナニ言ってんのよ、ここで、ひっそりと咲いてるよりも、うちに飾られて、皆に綺麗ねって言われる方が、この花だって嬉しいのよ」と言いました。

 おっしゃる通りかもしれません。

 女性はときどき直感でものを言いますが、その言葉は男性がひねくり出す理屈より、はるかに説得力があるものなんですね。

080511_1042~001


 奥さんが煎れてくれたココアを飲みながら、そんなことを考える、雨の日曜日(きのう)でした。

自転車通勤の記録

2008年5月12日(月)往路
走行距離 19.13km
走行時間 1時間3分14秒
平均速度 18.1km
最高速度 34.1km

2008年5月12日(月)復路
走行距離 17.80km
走行時間 58分14秒
平均速度 18.3km
最高速度 30.7km


 
10
 
 一昨日から、ずっと仕事場にいる。そこに昨日は奥さんと娘、それに飼ってる犬までやって来た。仕事場に来たからといっても彼女らは、決して仕事を手伝いに来たわけではない。夕飯を食べに来たのだ。そしてそのまま、隣の部屋に泊まり、今朝もチャッカリ朝食を食べていた。断っておくが僕の仕事場は定食屋でも旅館でもない。実を言うと、昨年の夏から実家の一室を借りて仕事場にしている。中学2年のときから結婚して家を出るまで自分が使っていた部屋だ。今でも両親が住んでいて、奥さんと娘は久しぶりに顔を見せにやって来たということ。

 自転車通勤をしてる方の中には、自転車を置く場所や、着替えをする場所でお悩みの方も多いと思われますが、僕の場合、そんな悩みは一切ありません。だって実家なんだもん。自転車は庭の奥に置いておけば、まず盗まれることはないだろうし、雨風が心配なら部屋の中に入れればいい。着替えだって誰の目も気にせずできる。汗をかいたウェアを脱いでシャワーを浴び、そのまま裸で仕事を始めたってかまわない。逆にヘルメットかぶったままパソコンに向かってもどこからも苦情は出ないだろう・・・ただし、どちらの場合もカーテンは閉めておいた方がいいかもね。

 どうです、自転車通勤にもってこいの仕事場でしょ。距離だって20km弱で近からず遠からずって感じだし。ただ一つ問題点があるとすれば、息子と接する時間が長くなった両親が父性や母性を取り戻し、やたらと世話を焼いてくれることかな。ヤレ、暗くなったら自転車は危ないとか、ヤレ、雨が降り出しそうだとか、ヤレ、風が強くなってきたとか、ちょっと出勤時間が遅くなると心配して携帯に電話してきたりもする。あのねぇ・・・、僕はもう40半ばのオジさんなんだけど・・・まぁ、これも親孝行だと思えば苦痛じゃない。それになんだか両親も若返ったような気もするしね。当分この部屋で仕事をすることになるんだろうなぁ。ということは、当分、自転車通勤も続くってことだな!

080510_1440~001

仕事場のベランダにたたずむ二大巨頭
(こういったものも仕事にたくさん置いてあるんだよね・・・自宅には置いてもらえない)

自転車通勤の記録

2008年5月8日(木)往路
走行距離 19.10km
走行時間 59分46秒
平均速度 19.2km
最高速度 30.3km

2008年5月10日(土)復路
走行距離 19.00km
走行時間 1時間1分12秒
平均速度 18.6km
最高速度 34.7km

 
07
 
2日
 仕事を終えて帰宅すると、何やらリビングがにぎやか。そういえば朝出がけに奥さんが“今晩、高校時代からの友達が遊びに来る”って言ってたな。奥さんを含めた5人の御婦人が我家の狭いリビングで笑い転げている。なんだか、すごく楽しそうだな。ビールを一杯だけつき合ってボーっと眺めていたら、食卓が教室の机に見えてきた。それを囲む5人の顔も女子高生に見えてきた・・・ような気がした。たった一杯で酔っぱらったかな。息子の部屋に退散してテレビを見る。息子ちょっと迷惑そう。

3日
 3?6日までの4日間で自由に自転車に乗れるのはこの日だけ。午前中は曇り空だったけど午後から晴れることを信じて、昼前に出発。張り切って出たものの、どこに行く当てもなく、気付くと毎朝の自転車通勤のコースを走っていた。いかん、このままでは仕事場に着いてしまうではないか!急いでコースを換えなくては。慌ててあたりを見渡すと、一つの標識が目に入った、“フ?ン、この道を行くと松島に着くんだぁ”そのまま松島まで走ってしまった。

080503_1441~001


4日
 息子が白石の七ヶ宿ダムの近くでキャンプをしていたので、奥さんとクルマ(奥さん運転)で様子を見に行った。この春、中学に入学した我家の息子くん。うちの中ではまだまだ子供に見えるけど、外に出たら、もう一丁前の男の顔をしてるじゃん!頼もしいぞ、感動した。ついでだけど、帰りに角田で食べたラーメン、とっても旨かったぞ、感動した。

運動会


5日 仕事
6日 仕事


自転車通勤の記録

2008年5月7日(水)往路
走行距離 19.22km
走行時間 1時間3分1秒
平均速度 18.3km
最高速度 34.8km

2008年5月7日(水)復路
走行距離 17.77km
走行時間 1時間1分15秒
平均速度 17.4km
最高速度 35.3km

 

プロフィール

KYON(きくちろう)

Author:KYON(きくちろう)
性別 男性
年齢 50歳
出没範囲 仙台市近辺

仙台市を南から北まで片道約19キロの道のりを古いMTBで通勤しているフリーのイラストレーターです。2008年6月からはロードバイクにも手を出しちゃって、ますます自転車にはまっております。

♡♦♡♦♡♦♡♦♡♦♡♦♡♦

仕事や家族、そして大好きな自転車のことなどを書き留めております。よろしかったらお気軽にコメントして下さい。

♡♦♡♦♡♦♡♦♡♦♡♦♡♦

また、お仕事等のお問い合わせはメールフォームにどうぞ!
お待ちしております。

♡♦♡♦♡♦♡♦♡♦♡♦♡♦

当ブログに掲載している全ての画像の無断転載、転用は固くお断りしておりますので、ご了承願います。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

Copyright © KYON(きくちろう) / Designed by Paroday
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。